動画素材の使い方

動画素材の賢い使い方

2018年6月26日

動画素材の賢い使い方をするには動画の編集を覚えるようにすると良いでしょう。編集ではさまざまな事をすることが出来ますが、エフェクトという素材を利用して加工するような事も出来るようになります。これによって動画の色合いを変えてみたり、コントラストを変えてみたり、ノスタルジックな雰囲気を醸し出したり、白黒にしたりと様々な事をする事も出来るようになります。そうなると動画素材がさまざまな意味を持つようになるので、使い方の幅が広がるという事になるというわけです。

動画の編集では動画の合成という事も出来るので、複数の動画を一つに重ね合わせて一つの物語を作るような事も出来るようになります。例えば人が歩いていると動画と、全く別の町の動画を組み合わせて、その街をその人が歩いているというような動画にするという事も出来るわけです。世界中の街の動画素材を入手すれば世界旅行すら可能になるという事が言えるのかもしれません。そうなると動画の楽しみ方は無限といっても良いぐらいに広がることが分かります。動画を複数重ね合わせて表示をすることが出来ると、様々な楽しみ方が出来る事になる事も理解できるはずです。

単体の動画は、それを加工してエフェクトをつけたり字幕をつけたりという事をする程度という事になりますが、複数の動画を重ね合わせるようになると、表現自体はもう数える事末不可能な編集が出来るようになるので、それまでの個別の作品とは全く違った作品を作るという事すら出来るようになってしまうわけです。編集が上手くできるようになると、見ている方も楽しく見られるようになりますし、そのような動画は分かりやすいという事も言えるはずです。字幕やコメントなどで分かりやすい表現という事を心掛けるようにして、見せるという事を意識した動画制作をするようすれば、これまで見えなかったような動画素材の使い方も分かってくるかもしれません。動画は自由に作っていいわけですから、無限の可能性があるといっても良いかもしれません。